大規模修繕工事新聞「主要記事検索」

スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    この人に訊く― 株式会社日装 小川隆幸社長
    0
      JUGEMテーマ:マンション 

      この人に訊く―
      株式会社日装 小川隆幸社長

      「安心」「満足」は当たり前 感動を与えるサービスを

      1
       株式会社日装は、主にマンションの大規模修繕工事を手掛ける改修専門業者です。同社の特徴として、社員全員に日本ケアフィットサービス協会の「サービス介助士」の資格取得を勧めていることがあります。大規模修繕工事と介助士資格について、「お客様の立場に立って考えているからこそ」という小川隆幸社長に話を聞きました。


      −「サービス介助士」とは?
       弊社で推進しているのは、日本ケアフィットサービス協会の「サービス介助士2級」(ケアフィッター)資格です。
       この資格は、高齢者や身体の不自由な方が、安心して社会参加できる環境を整えるために必要な「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学ぶ資格です。

      − 大規模修繕工事と「介助」を組み合わせた発想はどこから?
       お客様へのサービスの一環として、介護士資格が掲げる「おもてなしの心」を持って、工事の設計、仕様書の作成、施工にあたりたいと考えたことから始めました。
       私たちがお付き合いさせていただいているマンションでは、20年、30年と続いている管理組合も多く、住民の方々も高年齢化してきました。
       工事は日中の仕事で、臭気や騒音など在宅されている方々の我慢や協力が必要です。
       このため高齢者や身体が不自由な方たちの目線を基本ベースにする必要があると考えました。健常者の職人レベルで当たり前のことを当たり前にやっていたら、そうした方々に対しては、改修工事自体が「押し付け」になってしまうのではないか―そう考えたのです。

      − 「サービス介助士」の資格を推進しているのは主にどの部署?
       2007年から社員全員に対して「サービス介助士」取得に取り組み始めました。資格取得後も継続的な研修を行っています。

      −具体的には?
       2011年は社員全員を対象とした手話講座、聴覚障害者の現状を学ぶ講演会、メーカー・協力業者などの取引先を含めた安全大会では障害者の視点からユニバーサルデザインを学ぶ講演会を実施しました。
       手話については技能検定6級合格を目指す対策講座を継続的に行っています。
       2012年7月には「ブラインドサッカーで変わる自分・社会」と題し、日本ブラインドサッカー協会事務局長の松崎英吾氏と、ブラインドサッカー日本代表の加藤健人選手による講演
      会を開きました。

      −その効果は?
       工事部の社員が自主的に「安心・満足・感動」という標語を作りました。安心と満足は当たり前ですが、さらに感動するようなサービスをしたいとうことです。
       例えば工事中は率先してお年寄りの荷物に手を差し伸べる、塗料の臭気が気にならないように小さな芳香剤をはるなど、お客様が喜んでもらえる仕事が自然とできるよう社員一人ひとりが考えるようになりました。
       また社員のサービス業としての理解も進むことで、顧客満足度も高まり、リピートオーダーが増加しています。

      2
      聴覚障害者の立場からユニバーサルデザインの普及・啓発のコンサルティングなどを行っている松森果林氏を講師に迎えて社内研修を実施した。
      3
      視覚障害と同様にアイマスクをつけ、音の鳴るボールでプレーするブランインドサッカー。今年7月には日本ブラインドサッカー協会事務局長や選手らによる講演会を開いた

      名称=株式会社 日装
      設立=1961年(創業1959年)
      資本金=1億円
      代表者
      代表取締役会長 有澤 生晃
      代表取締役社長 小川 隆幸
      所在地
      本社
      〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目13番10号
      TEL 03-3354-4191(代表)
      事業内容
      マンション・ビルの大規模修繕工事/給琲水・電気・空調設備工事/耐震補強工事/造園工事/トータルインテリアのプランニング・施工/カラープランニング

      (大規模修繕工事新聞 2012-10.5 No.34)

      | kenken | 会社探訪 | 05:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      ヤマギシリフォーム工業株式会社
      0
        JUGEMテーマ:マンション 

        ヤマギシリフォーム工業株式会社
        内外装の建築工事から設備工事まであらゆる分野で、創業以来150年培ってきた経験とノウハウを活かしています。

        建築構造物のメンテナンス事業を柱とした世界一の総合改修工事業者を目指す!

         塗装専門の下請け業者から元請け工事会社にシフトチェンジすべく、およそ40年前から集合住宅を中心とした建物の改修工事に着目してきた。以来一貫してマンション・集合住宅の大規模修繕工事・改修工事を事業の柱にそえている。
         平成23年、6代目代表取締役に就任した山岸大輔社長は「今後もこの軸をずらすことなく、水回り設備や電気設備工事などにも力を入れて、世界一の総合改修工事業者となることを目指す」と話す。
         また昨年起こった東日本大震災による建物の復旧工事の影響もあり、耐震改修への積極的な取り組みも行っている。「困っているお客様の不安を解消できるように、しっかりと社会貢献をしていきたい」と山岸社長。
         そもそもマンション改修業者として先駆者である同社。品質保証ISO9001を改修業界で初めて取得したり、仮設足場の監視カメラを設置する防犯システムを独自開発したり、日本初の改修工事保証制度の代表を長年務めるなど、進取の精神も高い。
         近年は施工技術、営業ノウハウ、経営面の講義まで、若手中心の社内研修を毎月行っている。世代交代の過渡期で、ベテラン社員の経験が若手スタッフに伝わるよう社員教育に注力しているという。
         山岸社長はインタビューの最後に「歴史の長い会社であるということは、多くの実績があるということ。長年培った経験とそれに基づくノウハウでお客様のあらゆるニーズに対応できると自負しています」と結んでくれた。

        ●企業データ
        社名=ヤマギシリフォーム工業株式会社
        所在地=本社 〒140−8668 東京都品川区南品川4丁目2番36号
        電話03−3474−2900
        F A X 03−3358−2760
        U R L http://www.ymgs.co.jp
        創業=嘉永年間
        会社設立=昭和22年3月6日
        代表者=山岸大輔
        資本金=1億円
        正社員数=86人
        現場代理人数=40人
        営業種目
        ⑴外壁改修 ⑵各種防水 ⑶鉄部塗装 ⑷内部改修 ⑸設備関連 ⑹調査・診断業務
        過去3年間の改修工事実績
         2010年度 物件 50億円  
         2009年度 物件 60億円
         2008年度 物件 62億円
        特色
        売上高の95%以上が集合住宅修繕工事で占めており、マンション等社会的資産の維持保全に努めてきております。塗装専門工事会社より発展したことから、下地処理の重要性と仕上げの大切さを十分理解し、アフターケアにおいても専任者による即応体制を整えております。

        29-03-01東京・南品川に所在する本社外観















        29-03-02
        本社4Fは営業本部フロア















        29-03-03
        施工中のマンション















        29-03-04
        現場の社員や協力会社の作業員による安全衛生協議会。事故のない、働きやすい仕事場にすることが大切














        29-03-05
        安全品質管理部社員による安全パトロール。現場代理人や作業員だけではなく、第三者的な立場での点検・管理














        29-03-06
        工事竣工までに、社内検査や監理者検査・中間検査(管理組合立会い)など複数の検査を行う















        (大規模修繕工事新聞 2012-5.5 No.29)
        | kenken | 会社探訪 | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        株式会社住宅あんしん保証
        0
          JUGEMテーマ:マンション
          国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社住宅あんしん保証
           住宅瑕疵担保履行法の制度化により、蟒斬陲△鵑靴麒歉擇亙神20年5月、国土交通省が認可する住宅瑕疵担保責任保険法人として第1号指定を受けた。  今年9月のたてもの蠅龍般劃篁澆虜櫃砲蓮国土交通省からたてもの蠅引受け済の保険契約の引継ぎの指名を受けている。  また、今年6月は全国の管理会社約400社で構成する㈳高層住宅管理業協会が4社ある保険法人の中から、蟒斬陲△鵑靴麒歉擇亮莠‥垢箸覆襪海箸鯀択した。  行政、マンション業界からの信頼を得ていることが窺い知れる。  数多くの大手企業が株主となり、有価証券報告書など財務内容もHPに公開。企業としても「安心」を全面に押し出す。  大規模修繕工事瑕疵保険では、工事業者が工事を行っている管理組合向けにWeb掲示板を作成するサイト「あんしん掲示板」を構築。洗濯カレンダー、工程表、在宅のお願い、工事中の諸注意などの発信ができる。当該管理組合住民にしか見られないアカウント、パスワード入力で情報の漏えいも防げる。  保険に加入する工事業者と、工事業者が工事契約をする管理組合への配慮。他の保険法人にはないサービスである。
          23-02-01あんしん掲示板(洗濯カレンダー)。
          23-02-02あんしん掲示板(テストサイト)。
          23-02-039月26日付で本社がテプコビル6Fに移転。
          23-02-04三井住友海上登録事業者の研修会風景。
          23-02-05屋上防水工事の検査風景。
          ●企業データ 社名株式会社住宅あんしん保証 所在地 本社 〒104−0031 東京都中央区京橋1−6−1三井住友海上テプコビル6F 電話03−3562−8122(本社) F A X 03−3562−8031 U R L http://www.j-anshin.co.jp 創業平成11年6月 代表者安藤浩 資本金4億6,550万円 正社員数148人 届出事業者約18,000社(うち大規模事業者150社) 主な株主(全62社) ◆ 建材商社 住友林業蝓∩估建材蝓∋旭羹讃Ψ材蝓伊藤忠建材蝓丸紅建材 ◆木材建材流通業 36社 ◆ 建材メーカー TOTO蝓YKKAP蝓⊂訶譽謄ノ蝓▲リナップ蝓∋斡立山アルミ蝓▲縫船廊蝓▲僖淵愁縫奪電工蝓▲侫ビ化学工業蝓↓螢魯Ε好謄奪、大建工業蝓永大産業蝓↓螢Ε奪疋錺鵝▲汽鵐Ε─璽峭業蝓▲船茱瀬Α璽騰蝓↓螢離澄↓螢僖襦吉野石膏蝓▲泪亜Εぅ哨戞璽覘 ◆ 金融機関 三井住友海上火災保険蝓↓蟷旭羹四Ф箙圈↓蠡山科欷吋献礇僖 (大規模修繕工事新聞2011.11.05No.23号)
          | kenken | 会社探訪 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          京浜管鉄工業株式会社
          0
            JUGEMテーマ:マンション

            京浜管鉄工業株式会社
            常に時代が求める住環境を見据え、高度な「品質保証」とより一層の「顧客満足」を追求しています。
            給排水設備の更新から更生までニーズに合った改修工法を提案

             新築建築物の設備工事や石油プラント工事などを営業種目に60年近い社歴の中、約30年前からマンション改修を開始。給排水設備の更新から更生まで、管理組合のニーズに合わせた改修工法を提案する。マンションの設備改修会社の中でも長い社歴と豊富な実績を持つ1社である。
             設備の改修工事は、共用部分のみならず専有部分に立ち入る必要があるケースが多い。そのため、「専門の技術者といっても居住者様とのコミュニケーションをとれることが大切」と平松拓也社長。
             居住者向け説明会では現場代理人が中心となって工事の内容を説明し、理解してもらうことで居住者と現場との距離を近くすることに注力しているという。
             現場で発生したトラブル、管理組合や居住者からの要望、ほめられたことなどを社員、協力会社を交えて話し合う社内勉強会も随時開いている。
             「居住者様に工事に気持ち良く協力していただくため、管理組合の工事だけでなく、居住者様にもなにかしらのお手伝いができたらいいと思っています」(平松社長)
             例えば、設備の工事期間中に専有部分のドアノブの不具合修理を行ったり、フルリフォームを行ったりするためのリフォーム相談所を設置するなど。
             近年、工事内容も給排水設備改修のみならず、空調換気設備の改修等、求められる工事は多様性を増してきており、管理組合または区分所有者のニーズに合わせた改修提案はますます必要となってくるといえよう。

            21-02-01本社社屋。最寄りはJR四ツ谷駅。


            21-02-02専有部分の給水・給湯・排水管を同時に更新した事例。

            21-02-03換気設備改修の事例。屋上にベンチレーターを設置。


            21-02-04排水管更生工事に使用する重機(ドリーム工法)。


            21-02-06居住者説明会の風景。


            ●企業データ
            社名=京浜管鉄工業株式会社
            所在地本社= 〒160−0011 東京都新宿区若葉1丁目12番5号
            電話03−3358−4873(設備・リフォーム事業部)
            F A X 03−3358−4876(設備・リフォーム事業部)
            U R L http://www.keihin-se.com
            創業=昭和27年12月15日
            代表者=平松拓也
            資本金=5,000万円
            正社員数=55人
            現場代理人数=36人
            <営業種目>
            ⑴建築設備リフォーム及び各種配管更生工事
            ⑵ 暖房・冷房・換気・給水・排水・衛生・冷凍・冷蔵・製氷温湿度調整装置
            ⑶上下水道工事
            ⑷ 化学機械据付及び配管設計製作 各種タンク製作組立据付並びに配管工事
            ⑸上記にかかわる設計並びに施工
            過去3年間の改修工事実績(マンションリニューアル部門のみ)
             2010年度 23物件 20億円  
             2009年度 37物件 20億円
             2008年度 43物件 15億円
            <特色>
            50年を超える実績と確かな技術力、ノウハウに基づく設計から施工までの一貫工事システムにより、高度な「品質保証」とより一層の「顧客満足」を追求。常に時代が求める住環境を見据え、安心・安全を第一に更なる一層の信頼に応えるトータルリフォームシステムを目指しております。

            (大規模修繕工事新聞2011.09.05No.21号)
            | kenken | 会社探訪 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            建設塗装工業株式会社
            0
              JUGEMテーマ:マンション

              鉄道の橋梁保全を基盤にして長年培ってきた伝統を改修業界に生かす
              今こそ、マンションの改修工事に携わる職人の技量を見直すとき

               建物を造る、改修するといった技術は各職種に携わっているすべての職人の技量に関わっているといえる。その職人が各現場でその技術と実力を存分に発揮してはじめて立派な工事として建物が生まれ変わるといっても過言ではない。
               ところが「改修工事業界にお世話になって30数年、数年前を比べると各現場で職人の技術が発揮されておらず、本当にお客様に喜んでもらっているのか疑問だ」と本多透常務取締役。
               その原因はやはり安易な価格競争にあるという。
               「専門の職人技が、常識を外れた安価な工事金額では到底できるとは考えられない」
               マンションの大規模修繕工事は管理組合、居住者の一大事業である。工事業者の見積もり金額の異常や安さに惑わされることなく、信頼のおける業者に根拠のしっかりとした金額で発注したいものだ。
               そうした業者選定の上で、初めて職人の技量に目を向けることができるのではないだろうか。

              ●企業データ
              社名建設塗装工業株式会社
              所在地〒101−0047 東京都千代田区内神田3−2−1
              リフォーム事業部〒103−0021 東京都中央区日本橋本石町3−2−6
              電話03−3275−3077
              F A X 03−3275−3078
              U R L http://www.kensetsu-toso.co.jp
              創業昭和14年
              代表者塚本 正雄
              資本金1億円
              正社員数232人
              現場代理人数168人
              過去3年間の改修工事実績
               2009年度 170物件 33億5千万円
               2008年度 155物件 33億1千万円
               2007年度 145物件 31億8千万円
              <特色>
              創業以来、社会的インフラである鉄道の橋梁保全を基盤にして永年培ってきた伝統を改修事業分野でも受け継ぎ、その基本理念である「安全・技術・信用」を堅持する社風を大切にしています。

              13-02-2東京・日本橋にあるリフォーム事業部の玄関(ISO認証の盾とともに)。

              13-02-1鉄道沿線に立地するマンションの大規模修繕工事。


              (大規模修繕工事新聞2011.01.05No.13号)

              | kenken | 会社探訪 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              株式会社ソエジマ
              0
                JUGEMテーマ:マンション

                創業87年、『仕上工事業を通して社会に貢献する』を経営理念としております。
                人に、都市に、環境にやさしい技術革新、建物再生、再構築を目指す

                 創業以来87年を歩んできたソエジマ。
                 塗装を始めとする建物の総合仕上工事業として社会に貢献してきた自負がある。担当者は「他社のやらない事をやるチャレンジ魂と、数多くの革新的工法を確立したパイオニア精神があります」と語る。
                 コンクリートの劣化を防ぐ『リフリート工法』、我が国で最初に採用した『ローラーブラシ塗装工法』、美しさを
                付与する『壁紙を貼って上から塗装する工法』…いずれもソエジマの開発工法で、新しい工法の開発は広く社会に技術・技能を広める事につながっている。
                 マンション大規模修繕工事施工にあたって、同社のキーワードは下記の5つ。
                 ^汰幹浜・品質管理・工程管理を徹底する
                 適切な診断と根本治療を実施する
                 お客様との事前打合せとコミュニケーションを図る
                 だ鎖誓唇佞紡弍し丁寧をモットーに作業する
                 ゥ▲侫拭璽瓮鵐謄淵鵐昂弉茲鯆鶲討垢
                 同社では創業以来死亡災害ゼロを継続しており、「安全は工事の基本が大前提」だと担当者。「これが、私たちソ
                エジマがお約束する信頼のプロセスです」。
                 今、同社は建物を蘇らせるという使命感のもと、これまでの実績の上に新たな研究開発を図り、人に、都市に、環境にやさしい技術革新、建物再生、再構築をつくり上げて行くという。
                19-03-62010年ソエジマ創業85年史を発行。

                19-03-5新入社員研修現場見学の様子。

                19-03-4築40年の集合住宅でサッシカバー工法実施。

                19-03-32010年度施工物件 東海宮崎台マンション。

                19-03-2東海宮崎台マンション管理組合立会検査の様子。

                19-03-12010年度施工物件アゼリア狛江大規模修繕工事。


                ●企業データ
                社名株式会社ソエジマ
                ・所在地 本社
                〒156−0052 東京都世田谷区経堂5−28−10
                ・神奈川営業所
                〒254−0014 神奈川県平塚市四之宮2−22−17
                電話03−5918−6856
                F A X 03−5918−6858
                U R L http://www.soejima.co.jp
                E - m a i l info@soejima.co.jp
                創業大正13年2月
                代表者副島眞一
                資本金9,000万円
                正社員数22人
                現場代理人数12人
                事業内容調査診断、改修・修繕工事、新築仕上げ工事
                過去3年間の大規模修繕工事実績
                 2009年度 12億円    
                 2008年度 16億2千万円
                 2007年度 17億2千万円
                特色
                総合改修工事業者として施工管理技術力と技能力の発揮を重視し、特に修繕工事ではお客様が日常生活を営まれている中での作業になりますので、最小限のご不便で、安心して生活できるよう管理者・技能者の教育に努めております。
                (大規模修繕工事新聞2011.07.05No.19号)
                | kenken | 会社探訪 | 04:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                三和建装株式会社
                0
                  JUGEMテーマ:マンション

                  三和建装株式会社
                  経験と技術で資産を守り、向上させる大規模修繕のプロ集団
                  目標は顧客のニーズに対しての「クイックレスポンス」

                   昭和53年の創立から30年以上、首都圏を中心にビル・マンションの改修工事を手掛けてきた。その経験の中で、建物はそれぞれ不良個所や劣化頻度が異なり、さらには住民の価値観やライフスタイルの多様化も含め、マニュアル化した対応では真のニーズに応えられないと実感している。
                   近年では従来の原状復帰の改修工事だけではなく、耐震改修や外断熱、壁面緑化、機械式駐車場改修などにも注力。トステム蠅閥般劃鷏箸靴得賤部分のリフォームも開始した。
                   目標は顧客のニーズに対しての「クイックレスポンス」。顧客との信頼関係を大切にし、常に「次も呼んでいただけるように」という気持ちで工事にあたっている。
                   そのためか、ここ2〜3年管理組合から感謝状を頂くケースが急増。よりいっそうの顧客第一主義で、「現場でのあいさつ日本一」などを掲げて作業員教育にも取り組んでいる。
                   元角昌三社長は「建物の正確な現状を把握し、三和建装の技術および最新工法・材料を駆使して、お客様の大切な資産を末永く健全な状態に維持するお手伝いをいたします」と話している。
                  ●企業データ
                  社名三和建装株式会社
                  所在地 本社
                  〒188−0011 東京都西東京市田無町1−12−6
                  電話042−450−5811 F A X 042−450−5812
                  U R L http://www.sanwakenso.co.jp創業昭和53年
                  代表者元角 昌三
                  資本金1億円
                  正社員数36人
                  現場代理人数25人
                  過去3年間の改修工事実績
                   2009年度  物件23億4,500万円
                   2008年度  物件20億1,000万円
                   2007年度  物件21億2,000万円
                  <特色>
                  無借金経営を継続しており、経営審査事項をベースにした「月刊建築仕上技術」の優良経営仕上工事専門業者経営健全度ランキングにおいて全国第2位の評価を頂いております。
                  長期保証にも対応できる体力を維持し、お客様の大切な資産を守り続けます。

                  14-02-7西東京市・田無に立地する本社外観。

                  14-02-6会議室に講師を招き定期的に勉強会を実施。

                  14-02-5安全管理部による検査。安全パトロールと名付け、定期的に実施している。

                  14-02-4足場から居住者宅への不審浸入に対する防犯システムを提案。

                  14-02-3品質管理部により、現場社員とは別の視点で社内検査を行う。

                  14-02-2竣工後もアフター点検を行い、管理組合への報告を怠らない。

                  14-02-1近年では外断熱や壁面緑化などのエコ改修も提案している。


                  (大規模修繕工事新聞2011.02.05No.14号)
                  | kenken | 会社探訪 | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  株式会社 アール・エヌ・ゴトー
                  0
                    JUGEMテーマ:マンション

                    熟練職人の自社直接雇用で管理組合との信頼関係を構築
                    人・技術・設備・情報の4本柱がトータル・リニューアルを可能にします。


                     「施工の品質確保」―管理組合の信頼を得るための、この約束事は熟練職人の自社直接雇用を創業から守り通していることにある。
                     多くの工事会社の施工体制は元請けで受けて、1次〜3次、4次の下請けに流す。日本の建築業界のピラミッド構造である。このピラミッド型の施工体制では、末端の下請け職人が発注者(管理組合)の顔を知らずに作業を行うことはざらだ。
                     「改修工事はサービス業に徹しないといけない」と後藤龍彦社長。「お客様が居住されてる中での施工なので、職
                    人も住民一人ひとりに気を使って作業をする教育が必要です」。
                     こうしたことからも後藤社長は管理組合に対し「安値競争で業者を決めるのはどうか。改修工事は改修専門業者を選択してほしい」と話す。
                     自社直接雇用の職人には資格支援制度を取り入れ、建築塗装技能士、防水施工技能士、建築仕上げ改修施工管理技術者、カラーコーディネーター等の有資格者を多く現場に配置できるよう努める。
                     改修工事は人と人との信頼関係の中で進められるという持論のもと、主要な工事はすべて自社社員が責任を持って担当する体制を整えている。

                    ●企業データ
                    社名株式会社 アール・エヌ・ゴトー
                    所在地 本社
                    〒211-0043 神奈川県川崎市中原区新城中町16-10
                    電話044−777−5158
                    F A X 044−777−5120
                    U R L http://www.rngoto.com
                    創業昭和45年
                    代表者後藤 龍彦
                    資本金1億円
                    正社員数90人
                    現場代理人数17人
                    技術者数58人
                    過去3年間の大規模修繕工事実績
                     2009年度 31物件32.1億円  
                    2008年度 27物件31.5億円
                     2007年度 32物件30.0億円
                    <特色>
                    外壁の塗り替えから共用部分のグレードアップ・給排水衛生設備・外構・内装工事までのトータルな改修工事を当社がご提案できるのは、豊富な経験とノウハウ、徹底した教育システムによる人・技術・設備・情報の確立にあります。
                    15-02-1川崎市・新城にある本社社屋。

                    15-02-2毎週行う管理部会議。内容は各現場の進捗や使用した材料等の特徴(長所・短所)など。

                    15-02-3着工前に各工種の職長・担当者を集め当該現場の設計趣旨、使用材料・工法等の説明会を催している。

                    15-02-4工事部職長による朝礼で各現場の進捗、当日の作業内容報告を行う。

                    15-02-5営業・管理・工事部ごとの研修とは別に合同で研修会も行っている。

                    15-02-6「GOTO」の養生シートを貼った施工
                    現場の様子。
                    JUGEMテーマ:マンション


                    | kenken | 会社探訪 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    荻野化成株式会社
                    0
                      JUGEMテーマ:マンション

                      メーカー最新情報、おすすめ情報をワンストップで提供
                      18-02-7
                      メーカーとユーザーを結ぶ塗料業界のトータル・コーディネーター
                      本社屋に隣接するペイントミュージアム。外装、内装(床・天井・建具など)すべてを塗装で仕上げている。



                       荻野化成蠅蓮塗料や防水メーカーの販売を担うディーラーである。
                       自動車で例えれば、トヨタ車、日産車、HONDA車等を販売するディーラー。損害保険に例えれば、東京海上日動、損保ジャパン、三井住友海上等を取り扱う保険代理店。
                       メーカーとユーザーを結ぶ塗料業界のトータル・コーディネーターということが、荻野化成のコンセプトであり、存在意義である。
                       このため、多くの塗料、防水メーカーの最新情報や荻野化成のおすすめ情報をワンストップで得ることができる。
                       大規模修繕工事を行う際、多くの管理組合は施工業者の選定に注力し、仕様材料はその施工業者任せという傾向にあるが、使用する材料についてはむしろ荻野化成等のディーラーに求めたほうが的確で偏らない情報を得ることができるといっていいだろう。
                       本社と隣接して経営するペイントミュージアムは塗料のショールームとして一般から設計事務所、塗装業者まで活用できる展示スペースがあり、また、塗装体験等のカルチャースクールなども開催。地域のコミュニケーションプラザの役割を果たす。
                       同社では「日本は、塗装は保護機能ばかりに目が向けられてきましたが、ライフスタイルに合わせ、楽しむための色の紹介、塗料の選択アドバイスの場を目指しています」と話している。

                      18-02-6塗料の種類や性質、色見本、塗り見本などを展示したショールーム。


                      18-02-6


                      18-02-4一般向けの塗装教室も開いている。


                      18-02-3荻野化成友の会は設立18年目。定期的な勉強会、懇親会を続けている。


                      18-02-2職人向けの実技研修会。新製品を使った実習ができる。


                      18-02-12010年11月、横浜ベイシェラトンで創立30周年記念式典を開催。
                      | kenken | 会社探訪 | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      たてもの株式会社
                      0
                        共同住宅の建築・設備に精通した技術スタッフが「安心」と「信頼」を提供します。

                        17-02-5国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人
                        たてもの株式会社

                        東京・虎ノ門の本社外観


                        17-02-4会社窓口。東京・虎ノ門


                         平成21年10月1日、住宅瑕疵担保履行法がスタートした。工事を行う事業者がかしの補修等を確実に行うよう保険や供託を義務付ける法律であり、この制度のもと、たてもの蠅蝋馘攜鯆名覆砲茲蝪業嵬椶了慊衙/佑鮗けた。瑕疵担保保険に特化した新しい会社といえる。
                         社員の半数は中高層マンションの設計・施工に経験が長い技術部隊が占める。保険、保証機関の会社であるが、「保険の内容に伴って、共同住宅の建築・設備に強いことが当社の大きな売りです」と渡邊取締役。
                         23年度から補助事業も加わり、大規模修繕工事を予定する管理組合にとって、瑕疵担保保険を扱う保険会社からの情報は今後必要大となってきそうだ。

                        ●たてもの保険(大規模修繕保険)の特長
                        ・工事完了から5年間プラス屋根防水も5年間(延長特約を用意)
                        ・設備工事単体での保険加入もOK
                        ・昭和56年6月以前の建物(旧耐震)も保険加入OK
                        ・複数住棟(団地型)に対する現場検査特約を用意
                        ・保険金額は最大5億円まで
                        ・補助金制度の活用あり
                        ・顧客のニーズに合わせ様々な特約を用意

                        ●企業データ
                        ・社名=たてもの株式会社
                        ・所在地=〒105−0001 東京都港区虎ノ門1丁目22番12号
                        ・電話=03−3500−4777
                        ・FAX =03−3500−4775
                        ・URL =http://www.nais-th.co.jp
                        ・E-mail= tatemono@nais-th.co.jp
                        ・創業=平成21年1月
                        ・代表者=近藤 均
                        ・資本金=5億5,300万円
                        ・正社員数=50人
                        ・登録現場検査委員数=約1,300人
                        ・保険取次提携店数=約300社(設計事務所が90%以上)
                        ・特色=当社は、瑕疵担保履行法の施行に合わせ設立・認可を受けた瑕疵保険に特化した保険法人です。新築住宅から既存住宅まで国土交通省が認可する全ての保険商品を用意しています。傘下に東京建築検査機構(確認機関)を持ち、特に検査技術等に定評があり、共同住宅系の新築・既存住宅や大規模修繕保険等では検査技術だけでなく、ユーザーのニーズに合致した特約付の保険商品を用意しております。

                        17-02-3全国建物調査診断センターとの共催セミナー。


                        17-02-2登録現場検査員の研修風景。


                        17-02-1登録検査員による現場検査風景。
                        | kenken | 会社探訪 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << November 2018 >>

                        このページの先頭へ